いびきを止める方法

いびきを止める方法【寝具編】

いびきを止める方法を紹介しています。
今回は、いびきを止める方法【寝具編】です。


(1)いびきを止める敷布団

敷布団は、やや硬めの物が良いでしょう。
その理由は、仰向けでいびきをかくと、呼吸が苦しくなるので、寝返りが多くなるのですが、
柔らかい敷布団だと、寝返りがしにくいのです。

適切な敷布団選びも、いびきを止める方法のひとつです。


(2)いびきを止める枕

あまり高い枕を使うと、首が曲がる角度が大きくなります。
そうなると、舌がのどに落ちて、のどが圧迫されるようになり、
その結果、いびきが発生しやすくなります。

上半身の角度を適正にすることにより、いびきを止めるようとする枕には、このようなものがあります。



適切な枕選びも、いびきを止める方法のひとつです。

また、この他に、センサー付きの枕もあります。




(3)いびきを止める寝方

いびき防止には、横向き寝やうつぶせ寝がいいでしょう。
仰向け寝は、舌がのどに落ちやすいため、呼吸の際、空気の通り道が狭くなるのです。
そうなると、気流が乱れて、いびきとなります。

また、抱き枕は、横向き寝の姿勢を安定させる効果があります。

適切な寝方も、いびきを止める方法のひとつです。

いびきを止める方法

いびきを止める方法【簡単編】

いびきを止める方法は、いろいろありますが、
まずは、簡単に始められるいびき防止法を紹介しましょう。

いびき対策の参考にしてくださいね。


(1)お酒は控えめにしましょう

お酒を飲みすぎると、のどがむくみます。
普段、いびきをかかない人でも、お酒を飲みすぎた夜に、大いびきをかくことがあります。

かくいうわたしも、昔、慰安旅行の夜に酒を大量に飲んでしまったことがあったのですが、
翌朝、同じ部屋の先輩から「昨夜は、スゴイいびきだったな〜!」と驚かれました。(笑)

晩酌や食事の段階から、いびきを止める方法を意識しましょう。


(2)体重を管理しましょう

太っている人には、いびき注意報が出ています。
実は、のどにも脂肪がつくのです。
だから、太っている人は、のども脂肪で太っているのです。

やせましょう!今すぐ!(笑)

減量すれば、のどについた脂肪も落ちますよ。
そして、のどの脂肪が落ちれば、自然と空気の通り道が広がります。

まずは、毎日、体重計に乗りましょう!

ダイエットも、いびきを止める方法に通じます。


(3)鼻の通りを改善する

今、鼻腔を広げて、空気の通りを良くする商品が売られていますね。
これは、皮膚に貼るテープと、鼻の穴に入れるタイプがあります。

鼻の中の空気の通りを良くすれば、いびきも減ります。


(4)鼻の中を乾燥させないようにする

鼻の中が乾燥すると、呼吸時に空気の流れが乱気流となり、いびきが大きくなります。

冬には、加湿器で、部屋の湿度を上げるのも良いでしょう。
その他、鼻の乾燥防止用のスプレーも試してみてはいかがでしょう。


(5)口呼吸になっていないかチェックしましょう

寝ているときに口呼吸になると、口が開き、舌がのどに落ちます。
そうすると、非常にいびきが出やすくなるのです。

呼吸のレベルから、いびきを止める方法があります。

でも、いびきは止めていいけど、呼吸は止めないでね。(笑)

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。